ソフトテニス北海道百歳会


100 old senior ソフトテニス北海道百歳会 soft tennis
 

  会の紹介


 「百歳まで壮健で意気軒昂にソフトテニスで楽しもう」

 北海道内、45歳以上の同好の志の集まりです。
 年 8 回の大会開催と懇親会をおこなっております。
 

  会の沿革

 昭和40年、札幌・小樽・その近郊を中心に同好の志が集まり、「北海道百歳会」を結成。  
 昭和49年9月 活動域を更に広げようと、規約の整備・事業細部の見直しを行い、「会員相互の親睦」「軟式庭球の技術向上」「北海道軟式庭球界の発展に寄与」の3本を理念とした「西北海道百歳会」を結成、旧来の「北海道百歳会」は自然解消された。    会員は44名、この考え方は、今日まで継続されている。  
 昭和55年 1月、名称を「軟式庭球北海道百歳会」と改称、会員は全道で320名に及んだ。  
 平成 6年 5月、国際化ルールの改正に伴い、「ソフトテニス北海道百歳会」に改称、現在に至っている。
             
 

  現況

現在、会員数200名、平均年齢70歳、競技方法はペアの合計年齢別にクラス分け。
 又、道内を 8地区に分けた地域交流会、及び東西に分けた対抗戦を、伝統の団体競技として行っている。
 今、社会は高齢化が進み、余生に豊かさを求める時代でもある。 当 百歳会活動は、その一環でもある。
 会員相互の親睦を深め、健康 そして地域貢献活動へとの展開は、百歳会創始の理念でもある。
 このためにも数多くの大会参加を期待するところである。
100 old senior ソフトテニス北海道百歳会 soft tennis
by 北海道百歳会